ナース人材バンクで急性期病院の求人を探しましょう! 精神科の給料と転職

急性期病院の看護師の役割には、どんなものがあるの?

急性期病院の看護師の役割って何でしょうか?看護師は、ただ医師に指示されたことや患者さんの身の回りの世話を機械的にやっていれば良いわけではありませんよね。急性期病院で働く看護師だからこそできること、急性期病院の看護師が担う役割について知っておきましょう!

急性期病院の看護師の役割=患者さんの状態をきちんと把握する

急性期病院の看護師の役割の中で、最も重要なことは患者さんの状態をきちんと把握しておくことです。

「そんなの看護師として当たり前のことでしょ?」、「急性期病院以外でも当然のこと。」と思うかもしれません。

確かに、看護師が患者さんの状態を把握しておくことは当たり前のことなんですが、急性期病院の患者さんの状態は、刻一刻とどんどん変化していくんです。

朝と夜では全然違うこともありますし、超急性期では1時間経っただけでも患者さんの状態が変わっていることはよくあります。

そのような変化を見逃さずにきちんと把握しておくことは、タイムリーで適切な治療につながるんです。

ナースステーションにやってきた医師が「あの患者さんの状態どう?」と聞かれた時に、「朝の時点では○○でした。」と答えるよりも、「朝は○○だったんですけど、今は△△なりました。」と答えれば、その状態変化に応じて医師が治療を変更することもできるんです。

また、タイムリーに状態を把握しておくことで、急変を未然に防ぐことができます。「少し血圧が下がってきたかな」とわかれば、早めに医師に報告できますし、「いつもとちょっと違うな」と感じただけでも、もし急変した時に迅速に対応できますよね。

急性期病院では患者さんの状態がどんどん変化していくので、それを看護師がきちんと把握しておくことは、患者さんの命を救うことにつながるんです。

急性期病院の看護師の役割=チーム医療の要

急性期病院の看護師の役割の2つ目は、チーム医療をスムーズに進めることです。急性期の患者さんの治療には、医師や看護師だけでなく、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、臨床工学士、管理栄養士なども参加します。

このような多職種がうまく連携しながら治療に当たると、急性期の重症な患者さんにいろいろな角度からより良い治療を行うことができるというメリットがあるのですが、もしうまく連携できなければ、チグハグな治療になってしまい、患者さんの状態を悪化させることになるかもしれないんです。

チーム医療をスムーズに進めるための連携役、調整役は看護師が行うことが多いんです。

看護師はコミュニケーション能力が高いですし、患者さんの一番近くで働く医療職者だからです。

チーム医療がスムーズに進められるか、チーム医療のメリットがどれだけ大きくなるかは、看護師にかかっていると言っても過言ではないかもしれません。

急性期病院の看護師の役割=患者さんや家族を守る

急性期病院の看護師の役割の3つ目は、患者さんや家族を守ることです。

たとえば、医師から病状の説明や今後の治療方針について説明があった時、患者さんや家族はその場ですぐに理解できなかったり、治療方針の決断ができないことがあります。

いくら医師ができるだけ簡単な言葉で説明したとしても、専門的な医療用語が混ざることがありますし、何より突然の入院で患者さんや家族はパニック状態になっていることが多いからです。

それに、「医師の話を聞く」というだけで、必要以上に緊張してしまう人もいますよね。

そのような中で、きちんと理解できていないのに、なんとなくわかったような気になってしまったり、医師に促されるまま「はい、わかりました」と答えてしまう人もいます。

そういう患者さんや家族を守ることが、急性期病院の看護師の大切な役割なんです。

医師の説明を受けている患者さんや家族の様子を観察して、「理解が不十分だと感じたら、その場で治療方針などの決断はさせないように医師に一言伝えること」、「説明後にもっとわかりやすく簡単な言葉で噛み砕いてもう一度看護師から説明すること」、「わからないことがあれば、いつでも遠慮なく声をかけて欲しいと伝えること」などは、患者さんと家族を守るためにはとても大切なことですよね。

いつもバタバタしていて、スピードが求められる急性期病院でも、患者さんや家族には、そのスピードを感じさせないような配慮をしていくことが急性期病院の看護師の役割だと思います。

急性期病院の看護師の役割を見て、実際に急性期病院で働いてみたいと思ったら、転職サイトに登録してみましょう。たくさんある急性期病院の求人の中から、あなたの希望にピッタリ合ったものを簡単に探すことができますよ!

書いた人

看護師 tomo

地方の看護学校卒業後、東京の総合病院の急性期病棟で5年間勤務。その後、地元の総合病院で勤務しています。今年で看護師15年目になります。急性期病院一筋の私の経験から、急性期病院で働く実態や魅力、転職のポイントなどをお伝えしたいと思っています。

  • 取得資格:看護師
  • 出身:静岡県
  • 年齢:37歳
  • 看護師経験:総合病院2ヶ所
  • 経験がある診療科:消化器外科、呼吸器内科、化学療法室

転職サイトランキング